ヒーローズのコーチングについて(4)

JUGEMテーマ:教育

 

今回は、「勇気づけ」についてお話します。

アドラー心理学では、「ほめるのではなく、勇気づけ」という考えがあると申し上げました。

だからと言って、ほめることをしないということではありません。良くできたらしっかりほめてあげます。

 

これに対して、勇気づけは、良くできていなくても行うことができます。

勇気づけは、ほめるのではなく「生徒の良いところ」、「増やしてもらいたいところ」を指摘してやることです。

生徒ができたところを指摘して、どうやってやったのかを聞いてあげて、そこを考えさせることでそのほかのところも良くなってきます。

 

例えば、「○○君(さん)、今回の数学の期末テストは、点数は前回より少し下がったけどもケアレスミスが無くなったのはいいね。今回はどんなことに気を付けたのかな?」

そう聞かれた生徒は、今回自分が気を付けたことをしっかり思い出して、それをこれからも続けようとすると思います。

 

また、勇気づけは、生徒がやってくれたことに対して、塾長(講師)が自分の気持ちや感謝の言葉を込めて「私メッセージ」で伝えます。

 

例えば、「先生(私)は、○○君(さん)が・・・・・・できるようになって(してくれて)とてもうれしいよ。」または、「・・・・・・・してくれてありがとう。」などです。

 

このように、勇気づけを行うと、生徒は言われなくても、ほめられなくても自分からするようになります。

勇気づけをするためにどんな言葉をかけたらよいのかは、次の「勇気づけのメッセージ」を参考になさってください。

 

貢献や協力に注目する

あなたのおかげでとても助かった。あなたが嬉しそうなので、私もうれしい。

 

過程を重視する

努力したんだね。失敗したけど、一生懸命やったんだね。

 

すでに達成できている成果を指摘する

この部分はとてもいいと思い。ずい分進歩したように思う。

 

失敗をも受け入れる

残念そうだね。努力したのにね。この次はどうすればいいだろう。

 

個人の成長を重視する

この前よりずいぶん上手になったね。一度くらい後戻りしてもしてもいいじゃないか。

 

相手に判断をゆだねる

あなたはどう思う。一番いいと思うようにすればいい。

 

肯定的な表現を使う

気が小さいんじゃなくて慎重なんだろう。謙虚に反省しているんだね。

 

私メッセージを使う

私はそのやり方は好きだ。私はそのやり方をやめてほしい。

 

意見ことばを使う

あなたは正しいと思う。あなたの意見には賛成できない。

 

感謝し共感する

協力してくれてありがとう。やる気があるのでうれしい。

 

よろしかったら、どうぞご活用ください。

コメント